自分をたいせつにすることは、ほかのだれかをしあわせにすること。

自分をたいせつにすることは、だれかをしあわせにすること。未分類
自分をたいせつにすることは、だれかをしあわせにすること。

自分をたいせつにすることは、ほかのだれかをしあわせにすること。



自分をたいせつにすることは、ほかのだれかをしあわせにすること。

でも、現実は毎日死にそうになっている。

マイナスな言葉は使わないほうがいいらしいけど。

そんなことはどうでもいい。




日本にも世界にもどこにでも、きたねーヤツらとか、ズルいヤツらっていうのは存在する。

ただの自己満足でがんばってるだけの人間なんていいカモにされて終わりだ。




守りたいもんも守れない。

みじかな人間も救えない。

そんなクズみたいな人間がいる。

俺だ。



ほんとはなにもできない非力な人間なのに、肩ひじ張って生きてきた。

でも、なにも生み出せない。

希望もない。

いつでもギリギリだし、人にはいいように使わるだけだ。




でも、もうそんなことは、どうでもいい。

だれも救えないなら、それまでの話。

金を稼いで身近な人間を幸せにできないなら、それだけの力しかないというだけの話だ。




そんなことも、どうでもいい。

結構、ひとをしあわせにしようと生きてきたつもりだ。

でも、どこまで行っても自分は報われない。

不安や心配は、つきまとう。現状も改善はしない。状況は悪くなる一方だ。でも、いいんだ。そういうふうにしかならないなら、仕方ないんだ。

ムリに流れとか、運命とかを変えようとするから苦しくなるんじゃないか。

流れに抗わなかったら、すべてを失うかもしれない。

でも、仕方なくないか?

なんで、そこまで自分が死ぬほど苦しい思いをしてまで、だれかのために尽くさなきゃいけないんだ。

どんなに尽くしたって、かえって来るのは無関心だけだ。

無視だ。




最低限のことはやるよ。

人道を外れたことはしないよ。

でも、もう無理はできないし、それで、どうにもならないなら、それまでだってことで許してくれよ。

もう限界だよ。

終わるなら、すべてなくなるなら仕方ない。

生きてる実感がないんだ。

なにもかも終わっても仕方ない。

それも人生だろう。



そして、そんな自分を許せるのも自分でしかないんだ。

ムリに終わらせることもないし、ムリに続けることもない。

川のながれのように、大きな流れは変えられない。

努力だけでなんでも変えられるわけじゃない。

成功談なんて知らない。

もう、できることだけに集中しよう。

犬も食わないような醜いプライドとか、足をひっぱるだけの感情なんて捨てよう。

ほんとうにいらない。見せかけの努力もできない。

でも、やりたくないことはできない。

でも、生きたいように生きたいなら、生きたいように生きることが生きる意味とか目的なんだろう。

やりたくないこともプライドも感情もすててやってやる。

自分にウソつかないで、生きたいように生きるために必要なことなら、プライドや感情なんていくらでもころしてやってやる。

きたねーもんばっかりだ。

きたねーことばっかり起きやがる。




でも、仕方ねーわ。

そんなもんなんだろうから。

でも、自分の芯まで曲げなくちゃいけないなら、生きてる意味がない。

能力もないし、学歴も、金も、地位も名誉もなにもない。

根性もないし、なんの才能もない。

今後、なにも成さずに誰もしあわせにできずに、ひとり寂しく死ぬだけだろう。

ただ、どうせ最後に死ぬだけならば、自分らしく生きて自分らしく死にたい。

用意された死に方じゃない。

だれかに利用だけされて死にたくない。

だれも生き方を教えてくれないし、死に方も教えてはくれない。

正直、だれも他人の人生に本当の興味なんてない。

自分の人生に納得するのは自分だけなのに、他人の人生を生きてどうするのか?

こころの底から、ひとのために生きることが自分の人生だと言えるなら、それでいい。

でも、そんなきれいごとじゃない生き方も否定できない。

みんな自分が一番かわいくて、自分の都合のいいように生きている。

他人ならいくらでも利用して生きている。




全然それでいい。

この真実を否定できる人間なんていない。





全然それでいい。

他人を利用して罪悪感をいだくヤツなんていないんだ。

だって、みんなお金が欲しいだろ?
 

お金って、他人の人生を利用するってことなんだよ?

だれかの人生の時間を買ってるんだよ?


だから、ひとは自分が生きるために他人の人生を買っているんだよ?

だったら、自分は自分の時間を大切にしなくちゃいけないし、安すぎる対価で自分の人生の時間を切り売りする意味は何なの?

もっと、自分の人生の価値をたいせつに扱ったほうがいい。


自分の人生の価値をたいせつにするひとは、他人の人生の価値も尊重できる。

ぎゃくに、自分の人生をたいせつに扱わないひとは、他人の人生も尊重できない。

そういう人間が多いように思える。



あなたの人生は誰かのためにあるわけじゃない。

あなたの人生は、あなたがこの世界を感じるためにある。



それだけは、だれもが平等に持ち得る権利だ。




そう思って、みじかなひとを尊重したり、だれかの人生の時間を奪ったりしないこと。




自分の人生もたいせつにして、ほかのひとの人生もたいせつにすること。



自分を解放することは、自分以外のひとを解放すること。



支配し、支配されないこと。



自分をたいせつにすることは、ひとをたいせつにすること。



自分が自分をたいせつにしてあげることからしかなにごとも始まらない。

それで、離れていく人間がいたなら、それは、あなたを利用していただけの人間なのだ。

そもそも、そんな人間とはやいうちに離れたほうがよかったのだ。



あなたが、あなたのまま生きて、否定したり、離れていく人間がいたなら、あなたを利用できなくなったから離れていくだけだ。

都合が悪くなったから、離れていくだけのことだ。




ここまで、意見を書かせてもらったが、結局、決めるのはあなただ。

この意見をそのまま受け入れる必要はない。

かんたんに他人の意見を受け入れてしまったら、いままでと同じことの繰り返しになる。



ただ、すこしづつでも、自分の価値に気付き、それ自体がひとを救うことだと理解すること。

自分の人生を安く切り売りしないで、もっと、人生を感じ味わい尽くすこと。


空気のきれいさとか、自然の美しさとか、芸術とか、身近な創作物とか、自分を感動させてあげること。

急には変われないだろう。

そんなもんだ。

でも、一つでも、自分を喜ばせることをしていけば、おおきく変わる。

努力や苦労はもういい。

何度も言うが、自分をたいせつにして、人生を感じ尽くす。




それを実現することが、夢であり、目標だ。

そして、そのように生きられる人間を増やしていくことが使命だと思っている。

そのために、わたしは明日も自分をたいせつにし、人生のよろこびを感じ、生きていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました