努力は必要なのか?

努力はひつようか?未分類
努力はひつようか?

努力は必要なのか?

苦しみながらやらないといけないことは、本当に正しいことなのか?

やっていることを努力と言ってしまった時点で、その行動は成功にはつながらないのではないか?

いやなことでも我慢してやれという風潮もある。

生きていくためには、食料をとったり、水をくみに行くこともひつようだ。

ただ、意味もないこと、やりたくないうえに、やる理由も感じられないことを努力しろと言われても無理だ。

人から見たら、努力しているように見えても、自分ではそれほど頑張っているわけではないのに結果が出ること。

それを見つけなければならない。

勉強やスポーツなどに当てはまる人は、かんたんに見つけられるかもしれない。

しかし、見つけられなくても探すことをあきらめたら、苦しんでいやな努力をしなくてはならない。

もしかすると、それは、多くの人には評価されず、お金にもならないかもしれない。

ただ、自分では楽しみながらできる努力が見つかったとき、どうにかして価値を作っていくべきだ。

絵が得意なら、売れるまで、誰かに必要とされるまで頑張るべきだ。

文章や物語を書くことが好きなら、それも、同じだ。

ダンスかもしれないし、歌かもしれない。

既存のものならいいが、まったく、今までは価値をつけられていなかったものかもしれない。

だから、作ればいい。

ひとが、必要としてくれて喜んでくれるのなら、それが、価値だ。

たまたま、先人の作り上げてきたものが得意なら、はなしは早い。

でも、多くの人にとって、そうではない。

やっていて苦ではなくて、投下時間のわりに人よりもできること。

そして、より高みを目指せるもの。

その結果、だれかの利益になること。

もしくは、現況のままでは、価値がないなら、育てられること。

それを見つけることをあきらめてはいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました