Google Adsense

クソ記事を書いてしまったので、読んでください。

投稿日:

 

Google AdSense で稼ごうとしてから1年半が経ちました。

 

それは最初に書いていた記事と比べれば、2000文字を書くのもそんなに大変ではなくなったし 、WordPress についても少しは詳しくなりました。

 

でもまだまだ月々に満足な収入を得ることはできていません。

 

どんなことでも適当に書いていればアドセンス収入が得られた時代は完全に終わってしまったのでしょう。

 

どんどんライバルサイトのクオリティは上がっていますし、記事の更新頻度やクオリティも上がっています。

 

大きなサイトになるとアルバイトを雇ったり、記事を外注したりして記事の量産をしています。

 

とても個人では追いつけないようなサイトのクオリティになっています。

 

サーバーも共用サーバーではなく専用サーバーを使用して、ページの表示スピードを高くしているのかもしれません。

 

とにかく個人が簡単にアフィリエイトアドセンスで稼ぐ時代は、完全に終わってしまったんだなあと思います。

 

まあそれでもわずかな希望にすがって、今日もくだらない記事を書いているのですが・・・。

 

 

結局ユーザーが求めている答えを分かりやすく提示してあげればいい

 

例えば WordPress でブログを始めていって、いつかはアドセンスやアフィリエイトで収入を得たいと考えているユーザーがいたとします。

 

順番的に行けばまずはブログを立ち上げなくてはいけないので、「ブログの作り方」とか 「WordPress の使い方」なんて検索するでしょう。

 

「ブログの作り方」なんていうサイトは星の数ほどあります。「 WordPress の使い方」について書いてあるサイトも調べきれないほどあるでしょう。

 

そして、クオリティの高い記事から検索順位が上に表示されるので、検索順位が下がれば下がるほど読まれる可能性は低くなります。

 

これは当然の結果だし、 そうでなければGoogle が存在する意味もありません。逆にあなたが調べる立場になった時には、くだらない記事が上位表示されていては不便でしょうがないでしょう。

 

自分も今この記事を書いていて「あぁ、この記事はと読まれないだろうな。」ということが分かるようになってきました。

 

なぜなら、これを読んでくれるであろうユーザーが見えていないし、ユーザーが見えていないということはその悩みも分かりません。悩みがわからなければ解決するための答えを提供してあげることもできないのです。

 

それが分かっていながら、今はただ思うように書き綴っています。

 

本当は目的がひとつでいいのです。むしろをひとつじゃなかったら何が言いたいのかが明確になりません。

 

サイトを訪れてくれた人も探している答えが見当たらず離脱してしまうでしょう。

 

つまりブログを書く上で収益を上げたいのならば、記事を書くこと自体を目的にしてしまっては稼げないのです。

 

もし多くのユーザーに訪れてもらって収益を上げたいのであれば、極端な話、記事でなくてもいいのです。

 

動画でもいいし、漫画でもいいし、絵でもいいと思います。

 

もう一度言いますが、ブログやサイトは記事を書くこと自体が目的になってしまってはいけません。ユーザーに求めている情報を提供することが、一番の目的にならなくてはいけないのです。

 

そのためにはツールや手段は問われないのかもしれません。

 

 

記事が書けないということはユーザーが見えていない。

 

当然答えもわかるはずがありません。

 

よく例えられることがあるのですが、記事を読んでくれるユーザーが見えていないということは、ゴールのないマラソンを走るようなものだと言われています。

 

でもこれがなかなか難しいことで、ユーザーを想像するというのは誰にでも簡単に出来るものじゃありません。

 

不特定多数のユーザーなのか?たった一人の誰かのために書く記事なのか?

 

これはジャンルによっても内容によっても全く違うでしょうし、これこそ答えはありません。

 

だからこそまずは明確なユーザーを想像する必要があります。男性なのか女性なのか、10代なのか20代なのか30代なのか? 仕事をしているのか?していないのか?

 

ただこれがなかなか特定するのが難しいですし、 選定を間違ってしまうと全く記事が書けない可能性もあります。

 

性別は一概には言えませんが、世代は自分とそう遠くない方が共感を持てる記事が書けるでしょう。

 

ただこれも答えはありません。

 

高齢者向けにパソコンの使い方や、はたまたブログの書き方などをについての記事を書いてもいいと思いますし、逆に若い世代の子たちに自分の人生経験を記事にしてもいいと思います。

 

 

嫌われる勇気を持とう。いやむしろ進んで嫌われるような記事を書いてもいいぐらいだ。

 

自分に限って言えばそんなに頭がいいほうではないし、知識があるほうではないです。人間的には未熟だし、思慮もそんなに深い方ではないです。

 

こんな人間が遠慮して記事を書いていたら、とんでもなくつまんない記事になるでしょう。

 

自分なんか特に歳もとっているので、今更何かを勉強して自分を改善している時間なんてありません。

 

今ある自分そのままをさらけ出すことぐらいしかできないのです。

 

さらけ出してつまらないのならそれまでだし、批判されたり嫌われたりそんな風にして誰かの目に触れることがあればありがたい方だと思います。

 

こんな風に記事の書き方を書いておきながら、テーマが分散してしまっています。

 

とりあえずこんなふうにして借りていますが自分でも何が言いたいのかわからなくなってきました。

 

これは最初にきちんとターゲットを決めていないし、そのターゲットが持つ疑問をきちんと考えずキーワード選定もやっていないですし、当然答えなんて言うのも存在しない記事です。

 

つまりここまで読んでもらってなんですがこの記事はクソ記事です。

 

書いてある内容はそこら辺のサイトにゴロゴロとありますし、むしろテーマが分散して理解しにくくなっているだけです。

 

こうなってしまってはアクセスなど伸びないですし、滞在時間もすごく短いでしょう。

 

読者を舐めているとしか思えない記事です。

 

書いていて迷子になってしまう記事です。

 

皆さんはこんな記事にならないように気をつけて下さい。

-Google Adsense

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.