Unity 物理エンジン

Bullet Physics for Unity

更新日:

| 物理エンジン ~Bullet Physics~


 

通常、自由落下や、放物線を描くような物理法則なら、Unity で使える物理演算で充分なのだが、布のような、ヒラヒラした動きや、スライムやゴムのような、弾む動きは、Unityでは制限されている。

 

全く、できないわけでは無いのだが、どうしても上記のような物理演算は処理が膨大なため、あらゆるプラットフォームでの動作を考えると、ゲーム向きでは無くなってしまうのだろう。。。

 

実際、自分も Bullet Physics For Unity を、試してみたが、手持ちの PC では、まともに動かなかった。

 

試してみたかったのは、軟体の処理だったが、あいにく、それが一番重かった。

 

この辺の知識になってくると、専門性もかなり高くなり、素人が理解するには困難なのだろう。

 

調べてみたら、これ専門の会社が存在し、ゲーム会社に売り込むそうだ。

 

とにかく、これ系の物理演算は、同時に行う計算が並行して多いため、GPUが優れたものでないと、歯が立たない事を痛感した。

 

 

 

 

-Unity, 物理エンジン

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.