思想

5年前のPCを蘇らせてみた。

更新日:

本当にPCについて何の知識も無かった。

今も決して情強というわけではないが、5年前よりはなんとか人並みぐらいには追い付けたのかもしれないと自負している。

全くと言っていいほど、パソコンに関係ない仕事をしていたので、必要にかられることもなかったし、興味はあったが時間も無かったので、これからはITの時代だと言われている中、なんとなく、取り残されている実感だけは日増しに大きくなっていた。

個人だが、独立して事業を起こしたのも5年前で、とにかく、一台ぐらいはパソコンが無いと不便だと思い、家電量販店に走った。

店員さんには、仕事で使いたいこと、ゲームや動画の編集などはしないこと、などを伝えたところ、エントリータイプのノートパソコンを6万円ぐらいで紹介された。

当時、全く知識の無い自分にしては、まあまあ良い買い物だったと今でも思う。

ちなみに、いまだに不具合は一度もない。

しかしながら、やはり月日が経つにつれ当然、挙動も怪しくなってくる。

ちょうど、WINDOWS10の強制アップデートなども重なったりしたこともあったのだが、そもそものスペック不足も相まって、起動やアプリケーションの立ち上がりなどに膨大な時間を取られるようになってきた。

なるべく、設定だけで軽くしようとしたのだが効果はたかがしれていた。

買い替えるべきか、否か。

そんな折、一つの記事に目が止まる。

『なになに、SSDとな。』

PCに詳しくない自分にとってはもちろん初めて聞く用語。(今でも、ほとんどわからないが・・・)

それからは、SSDに関するいろいろなサイトのお世話になり、SLCやらMLCやらTLCなど調べれば調べるほど、深みにハマっていき、やっとの思いで目ぼしい物にたどり着いた。

写真と型番は異なるが、今回はSunDiskさんにお世話になることにした。

換装は、ちょうどWINDOWS10のISOディスクを作っていたので、一番簡単そうなクリーンインストールなる方法でやってみた。

CPUはもともと低スペックだったので、それなりに時間はかかったが、何とか無事に完了し、現在に至る。

待ち時間が発生することも少なくなり、かなり快適に使えている。

もちろん、動画の編集や最新のゲームなどはできないが、サーバーを借りてブログを書くぐらいの用途に於いては何の不自由もない。

買い替えて、最新のパソコンにしたいのは山々だ。

負け惜しみに聞こえたら申し訳ないが、5年前のパソコンでも手を加えてあげたことで新品の頃よりも快適に使えるようになり、まだ頑張ってキビキビ動いてくれると、愛着が湧いてくる。

-思想

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.