ニュース

新潟女児殺害|近所の23歳男 逮捕

投稿日:

  1. 新潟市西区の市立小針小2年大桃珠生さん(7)が、何者かに殺害されたのちJR越後線の線路上に遺棄された事件で新潟西署捜査本部は14日夜、死体遺棄と死体損壊の容疑で会社員の小林遼容疑者(23)を逮捕した。

出典:2018年5月15日 下野新聞より

 

小林容疑者は家族と同居しており、14日朝、市内の道の駅で身柄を確保、任意同行された。

大桃さんは7日午後10時半ごろ、自宅から170メートル離れた線路上で登り普通列車にひかれ死亡しているのが見つかったが、死因は窒息で、首には絞められた痕があった。

 

黒い服を着たサングラスの男は別の人物だった

大桃さんは7日朝に「通学途中で黒い服を着たサングラスのおじさんに追いかけられた」と友人に話していたが、この人物は事件とは無関係だったことが捜査関係者より分かった。

現場付近で目撃されていた「白い車」も無関係であることが判明した。

容疑者の乗っていた車は黒っぽい軽自動車だった。

 

容疑者が確保された「新潟ふるさと村」

市内の道の駅「新潟ふるさと村」には14日朝から複数人の捜査員が駆け付けた。

容疑者の車と県警の捜査車両が道の駅に入ってきたのは午前7時前。

複数の覆面パトカーと5、6人の捜査員。

容疑者の乗っていた黒っぽい軽乗用車は間もなくレッカー移動された。

 

犯人逮捕も保護者、住民 不安残る

近くに住む男が逮捕されたことに保護者や住民は安堵の反面、驚きを隠せない。

「まだ安心できない」などの不安な声もあった。

「通学途中で黒い服を着たサングラスのおじさんに追いかけられた」と言っていた大桃さん。

この人物が、今回の事件と無関係であるならば、その不安も当然残る。

保護者や住民はまだまだ、油断できない状況にある。

「模倣犯が出てこないか心配。いつ集団下校が解除されるのかも分からず、安心できない」という声もある。

今後も警戒を緩めることはできない。

-ニュース
-, , ,

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.