Google Adsense

ネットで稼ぐ | GoogleAdsense の根源とは?

更新日:

Google AdSense でお金を稼ごうと、はじめてみて結局はビジネスであることに気がつきます。

ネットで稼ぐ方法などと検索するとまず最初に出てくるのはお小遣いポイントサイトかヤフオクアフィリエイト Google AdSense などといったところでしょう。

アフィリエイトや Google アドセンスは最初に述べた二つとは違い、完全に自分の力でアクセスを集めていかなくてはいけませんし、コンテンツを作成するというスキルが必要になってきます。

 

これからの最大効果のSEO対策法

もちろん SEO 対策などの知識も必要でしょうが、最近では小手先のテクニックよりもコンテンツの重要度が増しています。

SEO 対策などの小手先のテクニックが重要視されていた頃と違い、 どんどんとコンテンツの重要度が増してくると結局のところユーザーに対して有益な情報を提供できるサイトへのアクセスというのが評価のカギになってきます。

本来 Google AdSense などはウェブサイトの利用価値基準は、コンテンツの質に依存していました。

しかしキーワード対策や外部リンクの貼り付けなどのテクニックが SEO 業者などにより蔓延し、コンテンツの内容というのが置き去りになってしまう状況が出てきました。

最近ではキュレーションサイトの問題などが取り上げられ、ますますそういったコンプライアンス的なものや記事の内容の重要性というのが再確認されるようになってきました。

ある意味では初心者でも大手サイトに対抗できる部分も出てきています。

ユーザーにとって有益な記事を書けば 、SEO 対策の知識がそれほどなくても検索順位が上位になる可能性も出てきたのです。

今までの Google アドセンスや物販アフィリエイトなので初心者は、 SEO の知識をつけなくては上位に検索される言葉難しかったのです。

初心者の場合上記の二つでお金を稼ごうとすると、どうしても SEO の知識、もしくは SEO 対策を自分で勉強していくか、 専門の業者にお金を払って依頼するしかありませんでした。

もしくは SEO 対策の商材を買った人も少なくありません。

そう皆さんのご存知の通り、この現象でお金を得た人は Google AdSense つまり Google と物販アフィリエイトなどの元締め業者、商材を販売している人達だったのです。

もちろん純粋に Web サイト運営をして利益を得た人もわずかばかりは存在したでしょう。

しかし多くの初心者たちはわずかな金額を稼ぐこともできずに撤退して行きました。

そう上記に挙げた大元締めに時間とお金を搾り取られてしまったのです。

 

ゴールドラッシュと同じ現象なのか?

 

 

 

この現象に似た有名な話があります。

1848年頃アメリカのカリフォルニア州でゴールドラッシュという現象が起きました。

 

そもそもの発端は、1848年1月24日に農場主ジョン・サッターの使用人ジェームズ・マーシャルサクラメント東方のアメリカン川英語版砂金を発見したことである。これと前後してカリフォルニアを始めとした西部領土がメキシコからアメリカに割譲されたので、文字通り新天地となったカリフォルニアには金鉱脈目当ての山師や開拓者が殺到することになった。特に1849年に急増したことから、彼らは"forty-niner"(49er)と呼ばれた。

Wikipedia より

 

結局このゴールドラッシュで金を発見して大金持ちになった人はいたのでしょうか?

残念ながらそんな人は歴史の記憶に残っていません。

しかし、金ではないのですがこの現象のおかげで大きな資産を築いた人たちもいます。

それはその金鉱脈目当てに集まった多くの人たち向けに雑貨商を営んでいたものや、あの有名なリーバイスの創業者です。

多くの集まった人たちは、雑貨商から金を探すための道具を買いました。

皆膝をついて作業するのでズボンが破れてしまい、破れないジーンズをリーバイスが作りました。

そして、一番の大金を手にしたのは金融関係の人たちだったのかもしれません。

 

一連のゴールドラッシュは世界のマネーサプライを急増させた。フランス銀行の発券高は1850年の4億5千万フランから1870年に15億5千万フランとなった。プロイセン銀行の方は1850年に1837万ターラーだったのが1870年には1億6326ターラーに達した。金準備の増加は中央銀行の再割引も促進した。イングランド銀行の場合、1847年10月の830万ポンドが1852年の第3・4半期平均で2180万ポンドに増えた。フランス銀行の場合は増加率が5倍近く、1847年の1億2260万フランから1852年の5億8480万フランにまで膨れた。

Wikipedia より

 

結局、ゴールドラッシュのために集まった人たちの中に、個人で大きく稼げたものはいませんでした。

上記からも見て取れるように集まった人たち向けにビジネスを展開した者たちが多くの大金を手にすることができたのです。

ここにはビジネスの本質は見て取れます。

ゴールドラッシュのために集まった人たちは誰のためにここまでの行動力を発揮できたのでしょうか。

なかには、日本から駆けつけた日本人もいたそうです。

ヨーロッパからは人がいなくなると揶揄されることの人民の移動がありました。

結果的にはアメリカ大陸に大陸鉄道が引かれ、チャイナタウンがどのような移民の町も形成されました。

 

皆さんはもうお気づきかと思いますが、 IT革命なる今のインターネット業界における形はゴールドラッシュに瓜二つなのです。

 

今までにも農業革命や産業革命などはありましたが、一般市民が手軽に参加できるという意味では、 IT革命の形が非常に似ています。

 

つまり Google AdSense や物販アフィリエイトは一般人が簡単に手が出せてなおかつ当たれば大きく稼げるというイメージが人々をインターネット業界に引きつけました。

 

もちろんインターネットは金脈のように自然発生したものではありませんが、元々のインターネットの技術は軍からの技術でした。

軍事技術に利用されていた通信方式を民間に使用させるようになったのが始まりです。

しかしながら誰でも平等に利用できるという点では誰でも参加できたゴールドラッシュに似ています。

そして今回の IT革命で一番利益があった人達は、直接ブログ運営などをしてアクセスを稼いだ人間ではなく、稼げると思って色々な道具や情報を買った人達でもなかったのです。

 

つまり、稼げると思って集まった人たちに対して役に立つものを提供した人たちが大きな利益を得たのです。

 

それはビジネスにおいて根源的な部分だと思います。

 

誰かに価値を提供できた人たちが利益を得ることが可能なのです。

 

具体的に価値を提供するには?

 

では一体誰にどのような価値を提供すれば利益を得ることができるのでしょうか?

まずは人が集まる大きなプラットフォームを見つけることが必要です。

まだインターネットを利用してお金を稼ごうとする人たちはいます。

むしろ人々がスマートフォンなどの利用を始めることによって、まだまだ大きなインターネットの海は、現在のところ最良のプラットホームと言えるでしょう。

しかしながら今その海はレッドオーシャンとなり多くの人々の参入で新参者の参加を拒んでいます。

正確に言うと初心者はなかなか簡単にこのプラットフォームに参入できなくなってしまいました。

ブルーオーシャンの頃に比べると大企業も参入し多くの個人もしのぎを削っています。

インターネットは当然のインフラとなり、水道や電気やガスと同様にあって当然のものになってしまったのです。

ある意味ではインターネットも金脈のように自然発生したもんなのかもしれません。

人類の進化に必要不可欠だったのでしょう。

しかしながら、まだまだこれからのインターネットには大きな未来が広がっています。

これからくるであろう大きな革命においてもこのインフラは必要不可欠ですし、 一度人が手にしたスマートフォンという禁断の果実はもう誰も手放せなくなっているでしょう。

このインフラは必ずこれからのビジネスにも大きな影響を持ち続けます。

大企業も個人もしのぎを削り、個人への情報発信を続けていくことでしょう。

そして私たちが価値を提供するには、このインフラを使用して情報という価値を発信することで利益を得ていくことが可能なのです。

 

そしてここからが本題ですが、その価値というのは何なのか?

答えはゴールドラッシュに隠されています。

みんながこのインフラを使用して情報を発信することで利益を得ようとしているのならば、その人たちが必要とする情報や道具を提供することで利益を得ることが可能なのではないでしょうか?

 

もうすでにこの考え方を実践している起業や業者はたくさんあります。

 

  • インターネットで稼ぎたい人たちのためにインターネットで稼ぐための情報を提供する。
  • もしくはその道具を提供する。

 

これらのことを考えの基準においてウェブサイトのコンテンツを作成していることで、本当に人が求める価値を提供することが可能になるのではないでしょうか?

 

金持ちになりたい大金を稼ぎたいという人間の欲望に対して行うビジネスが、結果的には一番利益を得やすいのかもしれません。

 

ちょっと悲しい現実のような気もしますが、これが真実です。

 

実際に物販アフィリエイトで稼ぐには?とか Google アドセンスで稼ぐには?とかいうサイトはかなり多くのアクセスを集めています。

 

さらにこの今の不景気な世の中で、人が一番求めているのは紛れもなくお金です。

 

お金がないから、犯罪も起きますし、建設的な未来を想像することもできないのです。

 

基本的にお金を稼ぐために必要なことは、他人に価値を提供することだと言いましたがさらに続ければ、根本的な欲求に対してその欲求を満たしてあげることが大いなる価値へとつながります。

 

ウェブサイトのコンテンツとして今多くの人に必要とされているものは、その欲求の中でも将来への安心を培うためのお金なのではないでしょうか?

 

もう一度言いますが、人の欲求に訴求することがビジネスの根源にあたります。

 

これから来るであろう貨幣革命ロボット革命は根本的にお金が絡んでいます。

 

日本という国は資本主義社会でありながら、その国民たちはお金というものに美学を持っていません。

 

どちらかと言うと人前でお金の話をすることは敬遠されがちです。

 

お金を美しいものだと心から思わないのは、資本主義社会に生きるものとして致命的なことなのです。

 

人が生きていくためにはお金が必要です。

 

お金があれば人の命を救うこともできます。

 

恵まれない子供たちを助けることもできます。

 

環境や自然を守ることもできます。

 

お金を稼ごうとしないということは、そういった善意ある行動から距離をとっているということになるのです。

 

自分さえよければいい自分が生きていけるだけのお金があればいい、と言う自分本位な考え方が、結局は他人に価値を提供するという考え方に至らない理由なのです。

 

そのお金を稼ぐためには先ほども上記で示した通り、人の欲求に答えられるものを提供しなければなりません。

 

しかし多くの日本人はお金が中心となる社会に身を置きながら、お金を第一優先に考えることを毛嫌いしています。

 

多くの人がお金のことで困っているのは、この事に由来するでしょう。

 

まずはそのマインドセットを解かなくてはいけません。

 

もっと言えば、自分さえよければいいという考え方を改めれば、人に価値を提供することが容易くなるでしょう。

 

こういった自分の中の深層心理を知って、マインドセットを変えていくことがまずは第一条件なのです。

 

まとめ

 

Google は世界中の人に価値ある情報を提供をするということを企業理念においています。

 

情報で人を救うことができるからです。

 

インターネットというインフラを使用して Google AdSense と言うツールを使いお金を稼ごうとするならば、まずは Google が持つ企業理念に沿う必要があります。

 

本心であろうがなかろうが、常に人に価値を提供することを考えていれば、おのずとその答えは見えてくるでしょう。

 

Google アドセンスや物販アフィリエイトで多くの人が失敗する理由、それは誰しもが簡単に始められるがゆえに簡単にやめることもできるためです。

 

これらは単なる副業ではありません。

 

GoogleAdsenseはれっきとしたビジネスなのです。

 

このビジネスを始めるのに大きな資本金は必要ありません。

 

ゴールドラッシュのように誰でも参加できます。

 

しかし、 Google アドセンスや物販アフィリエイトで稼ぐにはまずはマインドセットの転換が必要になり、個人事業にしろ、会社経営にしろ、完全なるビジネスとしてとらえないことには稼ぐことは不可能なのです。

 

-Google Adsense
-, , , , ,

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.