思想

自己実現

更新日:

優越感と劣等感

まず、個人的に主張しておきたいのは、どちらも本人だけが感じ得る感情であり、さらに言えば、その本人が一番強く感じる感情だということだ。

それ故に、周りからの理解はなかなか得られず、本人も他人に相談するには恥ずかしく、故にその感情はとても歪みやすくもある。

自分自身で客観的に分析できれば、劣等感は飛躍への”バネ”になり得るが、一つ間違えると”ひがみ”になってしまう。

どちらが、本人にとって良い結果をもたらすのかは明確であるが、負の感情に流されやすいのがまた人間の性でもある。

その”バネ”が一時的に良い結果をもたらし成功しても、またある時、フッと顔を出す。

上手くいっていたことが、陰りを見せたときである。

つまり、劣等感にきちんと向き合い根本的な答えを出さないまま、怒りや悔しさの感情で何かを成し遂げたとしても、常に危うい状態が続いてしまうばかりか、本当の意味での問題の解決は得られない。

ただ、どんな感情を持ちながらにしても、目的を達成するまでの努力は素晴らしいものだ。

先にも述べたが、劣等感を感じてしまうのは周りの環境のせいではなく、常に自分の感情の持ち方、考え方なのである。

-思想

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.