インターネット

so net | nuro光 の契約から使い心地まで

更新日:

結論から言うと、 so net 提供の nuro光 は回線速度は速いし、安定してるし回線が通った時点で wifi もすぐに使えるのでかなりオススメです。

業界最速の2Gbps を売り文句に利用者を拡大してきた nuro光 。

さらに、定期的にとてもお得なキャンペーンを実施していて、いつ契約しても損することはありません。

何か特別な理由がないかぎり、選ばない理由が見当たりません。

では、具体的にどのような利点があるのでしょうか?

 

 

とにかく早い!!

単純に個人で利用する場合、下り最大2Gbps という速さは十分すぎる速度です。

むしろ、端末のスペックの方が追い付きません(笑)。

最新のスマホやパソコンなら、その恩恵を100% 享受できるかもしれません。

しかし、一世代前の端末ではそのスペックを発揮できない可能性があります。

どちらにしても下り最大2Gbps といっても、それは各家庭に引かれる回線(ホームゲートウェイ)までの速度で、有線でつないだ場合でも1つの端末当たり最大1Gbps です。

 

さらに、無線接続(wifi)になると最大450Mbps まで落ち込みます。

※RBB SPEED TEST を使用しています。

 

実際、自分の iPhone6+ で計測した結果ですが、数年前の端末ということもあり、下りのスピードは 280.66Mbps となりました。

それでも、今まで不便に感じたことはありません。

自分の家では、子供のゲーム機を3~4台つないでいる状態(すべて動画を見ていたとしても)でも、速度の低下を感じたことはありません。

それぞれの端末が仮に上記のスピードで通信していたとしても、単純計算で7台ぐらいまでは速度の低下を感じることはないと思います。

ホームゲートウェイ(ONU)に最初から搭載してある wifi の規格が、最大450Mbpsなのですが、2Gbps までは複数の端末を使用しても大丈夫です。

 

wifi 搭載の ONU なので wifi ルーターを用意する必要がない

まず、場所を取りません。

かなりコンパクトなのに、wifi の性能はまあまあ高いです。

上を見ればキリがありませんが、普段使いには十分な性能です。

木造2階建ての一般的な家屋であれば、一階のリビングなどに置くだけで2階まで電波が届きます。(なるべく、天井に近い位置で家の中心に設置してください。)

鉄筋コンクリート造の3階建てなどになってくると、この一台で家中に電波を届けるのは厳しいものがありますが、そんな時はハイパワータイプのルーターをつけ足せばいいだけのことです。(もちろん、お金はかかりますが。)

 

 

家があまりにも広すぎて物理的な距離がある場合は中継器も必要になるのでしょうが、壁や床、天井などの障害物によって電波がさえぎられてしまう場合には中継器でもむずかしい場合があります。

そんな時は、諦めて有線接続を試みた方が得策です。

 

ping が速い!!

どうしても、下り最大~bps・上り最大~bpsなどの表記に目が行きがちですが、じつはブラウジングなどをしていて、ページの読み込みがもたついたり感じるのは応答速度(ping)が遅いことに原因があります。

 

 

Mbps とは一秒間のデータの転送量をあらわすものです。

確かにこの値が大きいほど一度に転送できるデータの量は多くなるので、動画や大量のデータ(ゲームコンテンツなど)をダウンロードしたい場合などには必要です。

しかし日常的に SNS などを利用して、小さなテキストデータや画像データなどをやり取りする場合には量よりも、この ping (応答速度)が必要になってきます。

自分の端末からサーバーにリクエストを送り、その返り値をなるべく早く受け取れる方が重要なのです。

その値が、nuro光は抜群に良いのです。

 

 

赤い囲みを見てもらえば、ご理解いただけると思いますが 7/1000 秒というとてつもない速さの応答速度を実現しています。

これがたまたまではなく常に安定してこの速度を出しているので、快適さがケタ違いなのです。

 

パソコンでクラウド上のデータを扱うときにも、ほとんど自分のパソコン内のデータを触っているかのような錯覚さえおぼえます。

ちなみに、PCゲームなどでこの応答速度を必要とされるものなどにはもってこいでしょう。

今までは有線接続でしか出せなかった値が、無線接続でも遜色ないぐらいに追い付いてきたのです。

 

料金が安い!!

これだけの通信速度を確立しながら月額料金は 4,743円(税抜き)です。

回線利用料とプロバイダ料金がセットになっています。

ちなみに税込みで 5,122円 です。

基本の工事費が 40,000円 となっていますが、これは30ヶ月(2年半)で分割して支払うことになります。

ただし、この 40,000円 の30回分割 1,333円 は、工事費相当の1334円を毎月の利用料金から割引されるので、実質無料となります。

その他に契約事務手数料が 3,000円 が掛かります。

このプランは NURO 光G2V となります。

契約期間は2年間の継続契約です。

もし更新月以外に契約を解除する場合には、9,500円 の解除料がかかります。

初月は月額基本料金の日割り計算になり、その他に契約事務手数料の 3,240円 が請求されます。

では翌月から 5,122円 になるかと思うとそうではなくて、実は工事費の割引が開通2ヶ月目からの適応になるのです。

つまり、開通から2ヶ月目の請求は 5,122円 に、1,440円 がプラスされた金額 6,562円 が請求されることになります。

その後は、ずっと 5,122円 で利用できます。

最初の2ヶ月間はちょっと料金が安定せず不安になりますが、それ以降は安心の定額料金です。

キャンペーンの内容によって多少の違いはありますが、上記の内容が基本となっています。

 

キャンペーンが魅力的!!

キャンペーンの内容はかなり頻繁に更新されていますが、おおよそ2~3万円が現金や商品でバックされます。

基本料金が割引されるものもあります。

なかでも PS4 プレゼントキャンペーンはかなりインパクトとお得感があります。

なんと新規契約するだけで、一般的な現金キャッシュバックよりも断然早く PS4 を受け取れます。

さらに、プレイステーション®ストアチケット5,000円分が付いてくるウソのような本当の話。

PS4 だけでも 32,378円(税込)します。

そこに 5,000円 のプレイステーションストアで使える商品券が5,000円分も付いてきます。

単純計算で 37,378円 のものが手に入ります。

至れり尽くせりではないでしょうか?

なぜ、こんなことが可能かというと、ご存知のかたも多いと思いますが So‐net(ソネット) は、もともとソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の子会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社でした。

PS4 を販売している会社もソニーです。

もう、どうにでもなってしまうのです。

PS4 をすでに持っている、もしくはゲームなんてやらないという人にはそれほど魅力は感じないかもしれませんが、金額的に考えるとかなりお得に思えます。

-インターネット

Copyright© exarow , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.